世直し隊とは

Z

理不尽を徹底的に世直し

世直し隊では、言論の自由・表現の自由を掲げて理不尽に対して徹底的に世直しをします。民事訴訟における不法行為や、刑事告訴においても受理されないという場合、世直し隊にお任せください。

Z

泣き寝入りはしない

理不尽、秩序の欠落による対応など、精神的な被害に遭われた方を救済するための世直しサービスとなります。ただ、自分自身でトラブルを解決しようとすると、侮辱罪、名誉毀損、業務妨害といった、しっぺ返しがくることもあります。世直し隊では、法律事務所の監修の元、リスクなく、企業に対して世直し、謝罪要求ができます。

宣誓

Z

言論・表現の自由は国民の権利です

言論の自由(げんろんのじゆう,英: Freedom of speech)は検閲を受けることなく自身の思想・良心を表明する自由を指す。自由権の一種である。

表現の自由(ひょうげんのじゆう、英: freedom of speech)とは、すべての見解を検閲されたり規制されることもなく表明する権利。外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由。個人におけるそうした自由だけでなく、報道・出版・放送・映画の(組織による)自由などを含む。但し、法が保障する自由は、無制約な決定の可能性を認めるものではない。公共の福祉を侵害したり、他者の自由を侵害する「表現の自由」は認められていない。

Z

誇大表現はしていません

世直し隊では誇大表現や、主観などを盛り込まずに、事実のみを記載しています。
Z

法律事務所の監修

法律事務所の監修の元、真実のみ公開しております。又、被害者(依頼者)が、名誉毀損罪、業務妨害罪(偽計業務妨害罪)・信用毀損罪(虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である)で訴えられないよう、最善の注意を払っております。

Z

侮辱罪・名誉毀損罪には該当しません

名誉毀損罪(めいよきそんざい)は、日本の刑法230条に規定される犯罪。人の名誉を毀損する行為を内容とする。なお、刑法上の名誉毀損罪を構成する場合に民法上の名誉毀損として不法行為になることも多い。民法上の名誉毀損については「名誉毀損」を参照。

真実性の証明による免責

刑法230条の2は、名誉毀損行為が公共の利害に関する事実に係るもので、もっぱら公益を図る目的であった場合に、真実性の証明による免責を認めている。これは、日本国憲法第21条の保障する「表現の自由」と「人の名誉権の保護」との調整を図るために設けられた規定である。

サイト名

WEBメディア・世直し隊

サービス内容

弱者救済、世直し活動支援全般(非弁行為に該当しないよう、示談交渉は弁護士が担当しております)

お問い合わせ

Z

自動返信メールは送信されません

Z

誹謗中傷・迷惑メールはご遠慮ください

Z

加害者企業へは返信いたしません

世の中の理不尽を徹底的に世直し
SNSでの世直し活動に、ご協力くださいませ。