このローソンでは、店内で大声を出したと、客を警察に「営業妨害」で訴えました。しかし、大声を出した原因は、全てアルバイトの対応に問題がありましたが、未だ反省や謝罪はないようです。

ローソン経営者の虚偽告訴!

Z

客を警察に訴える!

2020年5月26日未明、ローソン(東淀川東中島二丁目店)のオーナーは、お客様(山田貴章さん/仮名)が「店内で大きな声を出して他の客に迷惑をかけた」と、東淀川警察(大阪市)に迷惑行為として、虚偽の告訴をしたようだ。

しかしながら、店員のずさんな対応が原因だった為、告訴は受理されず、ローソン経営者は、肩を落として帰っていったそうだ。山田さんが、この事実を知ったのは、翌朝9時半頃、東淀川警察署からの一本の電話だった。ローソン経営者は、何度も、しつこく被害を訴えていたようだ。山田さんによれば、26日、深夜一時頃…

– 宣誓 –

Z

事実のみ公開しています

世直し隊では、国民の権利である、言論の自由、表現の自由を行使し、事実のみ公開しております。宣誓内容は、ページ最下部に記載しております。以下のボタンをクリックしてご確認ください。

謝罪せず、ニヤニヤ無言

ニヤニヤと無視する店員

私は、5月26日、深夜1時頃、日頃から利用している、ローソンに自転車で買い物に行きました。

 800円程の商品を購入するのに、レジで1万円札で支払いをしました。

 

店員は、お釣りを、自分で数えることなく、私に渡しました。

私は、仕方なく9枚の千円札を数えました。

そこで、ふと、なぜ自分が数えているのかと思い、その店員に「普通は、店員が数えるんとちがうの?」と言いました。

 

すると店員は、ニヤニヤ笑いながら何も言いません。

???

数秒間待っても返事がないので、もう一度、同じことを聞きました。

???

それでも、ニヤニヤしているだけです。

 声が出ない病気?

いやいや、コンビニの店員でしゃべれなかったら無理かぁ。。。?

 

正直、不気味でした。

金髪でヤンキー風、20歳くらいの店員が、無言で、ニヤニヤしているのです。

私の注意に対してマスク越しに、ニヤニヤと目で笑っているだけなのです。

 

もしかして、これ意味なく逆ギレで、刺されるやつ???

と恐怖を感じ、畏怖したのを記憶しています。

 

ですが、勇気を出して、もう一度、

「聞こえてる?無視してんの?」と聞きました。

それでも、無視です。。。

不気味以外にありません。。。

 

そこで気づきました、

このヤンキー風の店員は、

私をおちょくっているのだと。

 

そう思うと、腹が立ってきました。

「おちょくってんの?」と聞きました。

それでも、無言です。。。

 

私も、もう、そろそろ怒りが爆発です。

無意識に「責任出せ、責任者!」と大声で怒鳴っていました。

 

ですが、まだ無視です。

考えてみてください。

店員に注意をしたら、ニヤニヤ笑いながら無視される状況を…

あなたなら、笑っていられますか?

無意識に、大声で怒鳴ってしまいませんか?

 

私は、この感情を、自分ではもう止めることはできませんでした。

もう一度「責任者、出せいうたら、だせ!」と、さらに大声で怒鳴っていました。

ヤンキー風の店員は、ようやく小さな声で「いません」といいました。

もう一度「責任者、出せ!」といました。

また「いません」といいました。

 

「いい加減にせえ、はよ出せ!」と言うと、

 

ヤンキー風の店員は、バックヤードに駆け込みました。

3分程度待たされたと思います。

 

バックヤードから出てきた店員は、小さな声で、

「◎△$♪×¥●&%#?!」起きないです。

 

「聞こえへん、何て?」と私は聞き返しました。

金髪「寝てて、起きないです」

私「起こしたらええやろ!」

 

ここで、ヤンキー風の店員がとった行動とは、。。。

 

苦情を言えばセコムを呼ぶローソン

ここで、ヤンキー風の店員がとった行動とは、セコムコールしたのです。。。

自分の態度が悪いことを注意されているにも関わらず、セコムを呼んだのです。

???

 

私は、もう理解ができない状況です。

思わず「お前、何考えてんねん、頭おかしいいんちゃうか?」と言いました。

 

言うまでもありませんが、もう、私には冷静さなどありません。

お釣りの9000円をポケットから出し、

カウンター内に投げつけ、

お前が、もう一回、数えろ!と千円札を数えさせていました。

 

そして、このヤンキー店員では、らちが開かないと思い、女性の店員さんに責任出を呼んでもらいました。

 

3分もすると、セコム隊員1人と警察官2人が到着です。

駆けつけた警察官2人に、これまでの経緯を話し、最近の若いもんはね…となだめられながら、オーナーの到着を待つこと約20分。

 

ここで話を戻しますが、

ちなみに、このローソンは、私はの家からは一番近いコンビニです。

ですから、日常的に、そして頻繁にこのローソンを利用していました。

そして、オーナーがレジをしている時には「いつもありがとうございます」とオーナー自らお礼を言うような、いわゆる常連客です。

到着したオーナーからは謝罪どころか…

深夜2時頃、ようやくオーナーが到着しました。

まずは、謝罪するのだろうと思っていました。

 

ですが、このオーナーは、「あ〜どうも」と挨拶をした直後に耳を疑うような、こんな発言をしました。

「他のお客さんの迷惑なるから、大きい声だしたらあかんわ」

「はぁ?」

私は、一瞬、理解することができず「はぁ?」と聞きなおしました。

するとオーナーは、

「だから、他のお客さんの迷惑なるから、大きい声だしたらあかんわ」

「何を言ってるんですか?そもそも従業員の対応が悪いからでしょ?」

「だから、他のお客さんの迷惑なるから、何があっても大きい声だしたらあかんねん」

 

今回のような事態があろうとも何があろうと、自分のお店では大声は出すな、と強要してきました。

私は「私、毎日来てる客ですけど、わかってますか?」と聞くと、更に、耳を疑うような、こんな発言をしました。

「もう、二度と来んといてくれるか?」

「えっ?」

私は、この異常な発言に、頭が混乱してきました。

 

そして「そんな態度なら、明日、ローソン本部に連絡しますね」と言うと、

「本部でもどこでも連絡したらええがな!、そのかわり、営業妨害で訴えたるからな!」

と言われました。。。?

私を警察に訴えると、脅迫までしてきたのです。

 

このオーナーに、これ以上関わると、何かされるのではないかと畏怖したのを覚えています。

あきれた私は、警察官に、もう帰りますね。と言って、自転車で帰ろうとしました。

飲酒やろ!

私が自転車に乗ろうとすると、オーナーは私に、投げ捨てるようにこう言いました。

「飲酒やろ!」

???

私とそこにいた警察官の目が「点」になったことは言うまでもありません。

私が、飲酒していたので、飲酒運転になるから自転車にのったらいけないよ!

と注意してくれたのでした。

私は、押して帰りますね!と言って、警察官の二人にご苦労様でしたと言い、家に帰りました。

警察にしつこく虚偽告訴するオーナー

朝、9時24分、東淀川警察署から電話がありました。

電話をかけてきたのは、◯崎さんという刑事さんでした。

刑事さんの説明では、

昨日の深夜から朝方にかけて、ローソンのオーナーがアルバイトを連れて、私のことを、営業妨害で訴えてほしいと、何度もしつこく訴えていたそうです。

当然ですが、被害届など受理される訳がありません。

 

電話で

刑事さん「もう、関わらんほうがいいですよ。」

私「二度と来るなと言われてますから、ファミマ行きますよ」

「あんなローソンに売上を上げさせるんやったら、道路向かいのファミマ行くでしょ。普通」

刑事さん「そうしたほうが良いですよ、関わらんほうがいいですよ。」

というような内容の話しを、お互い半分笑いながら話しました。

更新情報

公開後のローソンの対応

DATA:2020年6月5日(金)

山田さんは、このページが完成した6月5日14時56分、世直し隊に依頼した旨を、ローソンカスタマーセンターにメールしたそうです。

16:19 東淀川警察署から、山田さん宛に電話が入りました。

山田さん、何か、されましたか?

ローソンから連絡が入りましたよ。という連絡でした。

世直し隊では、今後も屈服することなく、この事案を追求していきます。

ローソン 東淀川 東中島 二丁目 店

ローソン 東淀川東中島二丁目

大阪府大阪市東淀川区東中島2‐9‐15
06-6329-3911

ローソン 東淀川 東中島 二丁目 店
大阪府大阪市東淀川区東中島2‐9‐15
06-6329-3911
24時間営業

7月4日に全てのコメントが公開されます

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


世直し隊とは

Z

理不尽を徹底的に世直し

世直し隊では、言論の自由・表現の自由を掲げて理不尽に対して徹底的に世直しをします。民事訴訟における不法行為や、刑事告訴においても受理されないという場合、世直し隊にお任せください。

Z

泣き寝入りはしない

理不尽、秩序の欠落による対応など、精神的な被害に遭われた方を救済するための世直しサービスとなります。ただ、自分自身でトラブルを解決しようとすると、侮辱罪、名誉毀損、業務妨害といった、しっぺ返しがくることもあります。世直し隊では、法律事務所の監修の元、リスクなく、企業に対して世直し、謝罪要求ができます。

宣誓

Z

言論・表現の自由は国民の権利です

言論の自由(げんろんのじゆう,英: Freedom of speech)は検閲を受けることなく自身の思想・良心を表明する自由を指す。自由権の一種である。

表現の自由(ひょうげんのじゆう、英: freedom of speech)とは、すべての見解を検閲されたり規制されることもなく表明する権利。外部に向かって思想・意見・主張・感情などを表現したり、発表する自由。個人におけるそうした自由だけでなく、報道・出版・放送・映画の(組織による)自由などを含む。但し、法が保障する自由は、無制約な決定の可能性を認めるものではない。公共の福祉を侵害したり、他者の自由を侵害する「表現の自由」は認められていない。

Z

誇大表現はしていません

世直し隊では誇大表現や、主観などを盛り込まずに、事実のみを記載しています。
Z

法律事務所の監修

法律事務所の監修の元、真実のみ公開しております。又、被害者(依頼者)が、名誉毀損罪、業務妨害罪(偽計業務妨害罪)・信用毀損罪(虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である)で訴えられないよう、最善の注意を払っております。

Z

侮辱罪・名誉毀損罪には該当しません

名誉毀損罪(めいよきそんざい)は、日本の刑法230条に規定される犯罪。人の名誉を毀損する行為を内容とする。なお、刑法上の名誉毀損罪を構成する場合に民法上の名誉毀損として不法行為になることも多い。民法上の名誉毀損については「名誉毀損」を参照。

真実性の証明による免責

刑法230条の2は、名誉毀損行為が公共の利害に関する事実に係るもので、もっぱら公益を図る目的であった場合に、真実性の証明による免責を認めている。これは、日本国憲法第21条の保障する「表現の自由」と「人の名誉権の保護」との調整を図るために設けられた規定である。

和解への道は、まずは謝罪から!

世の中の理不尽を徹底的に世直し
SNSでの世直し活動に、ご協力くださいませ。